【漫画】あなたがしてくれなくても8話【感想・ネタバレ・考察】みちを無視する新名、そして陽一はみちに愛情を伝えようとするが…

あなたがしてくれなくても2巻表紙

夫、陽一と“レス”について話し合おうとしまみちだったが陽一は『自分はEDだ』と嘘を吐いて逃げようとした。陽一のその態度に失望したみちは陽一に期待するのをやめて一線引いた態度で接することで気持ちが楽になった。同じく妻との“レス”に悩む新名に会社の飲み会でそのことを打ち明けたみち。しかし新名から無理していることを見抜かれてしまい、泣き出してしまう。新名はそんなみちを外に連れ出し抱き締めるのであった。

前回の記事はこちら
【漫画】あなたがしてくれなくても7話【感想・ネタバレ・考察】明るく振る舞うみちだったが、新名に本心を見抜かれ泣き出してしまう…

スポンサーリンク

以下、あらすじとネタバレ

新名に抱きしめられたみちは動揺を隠しきれない…しかし翌朝、新名はみちを無視する

新名に軽くだが抱きしめられたみち。次第に鼓動が速くなっていく。新名は何も言わない。

すると新名は突然みちから体を離すと『ごめんなさい』とだけ言って中に戻っていってしまった。

帰宅したみちは寝室で寝ている陽一の背中を見るも、そのままリビングのソファーに向かいそこで横になる。 何も考えられず心臓の音だけが鳴り響き続けるのであった。一方、実は起きていた陽一はみちが寝室に来ない事に寂しげな表情を浮かべていた。

翌日もみちは会社でボンヤリとしており、華に『何かあったんですか?』とニヤニヤされてしまい、動揺する。

その後、廊下を歩いていたみちは新名と出くわしてしまい、赤面しながらも挨拶した。しかし、新名はみちの方を一瞬だけ見ると、まるで無視するかの様にそのまま言ってしまい、みちは『えっ?』と思うのであった。

スポンサーリンク

会社の喫煙室で陽一は三島の言葉を聞いてヒヤリとする

一方、その頃、陽一も会社の喫煙室で煙草を吸いながらボンヤリしていた。するとそこにやってきた三島が『まだ仲直りしていないの?』と尋ねる。何も話していないのに夫婦喧嘩を見抜いた三島に驚く陽一。そんな陽一に三島も煙草を吸いながら言うのであった。

「まあ、ケンカしてるうちは大丈夫だと思うよ。なーんにも言われなくなったら終わりだから」

あなたがしてくれなくても8 ハルノ晴  12/23

思わず俯く陽一。何故なら、まさにみちは『何も言わない』状態になっていたからだ。

帰宅後、笑顔で避けるみちに陽一は気持ちを伝えようとするが…

先に帰宅していたみちはリビングでテレビを見ながら落ち込んでいた。新名に明らかに避けられたのがショックだったのだ。

すると陽一が帰宅してくる。みちは陽一の顔を見ると笑顔でおかえりと言うものの『もう寝るね』と寝室に向かおうとした。

するとその腕を陽一が掴んだ。そして『そういう態度やめろよ』と言う。

キョトンとするみちに陽一は声を荒げる。

「他人みたいな態度だよ!!」

あなたがしてくれなくても8 ハルノ晴  15/23

『みちの他人行儀な笑顔と、よそよそしく避ける態度が耐えられない』そう陽一は言う。しかし、みちはそれに『勝手だ』と怒りを露わにする。

「自分だけ楽に生活しようなんて。陽ちゃんこそEDだって逃げたくせに…!!」
「私には逃げ場もないの!?」

あなたがしてくれなくても8 ハルノ晴 16-17/23

みちの言葉に驚きながらも『ごめん』と謝る陽一。『ずるい』と言うみちに陽一は『自分がひどい事をしてるのは分かっているけど、みちの事を大切な家族だと思ってる』とどこか悲しそうに告げる。しかし、みちは『家族でも自分には夜の生活が必要なことだ』と更に泣いてしまう。そんなみちを陽一は真っ直ぐ見つめながら言う。

「オレみちと離れるなんて考えてないから」

あなたがしてくれなくても8 ハルノ晴  19/23

珍しく気持ちをハッキリ伝えてきた陽一に少し驚いたものの、みちはやはり落胆する。

とても嬉しい言葉のハズなのに苦しいよ
だってそれでも陽ちゃんは抱きしめてくれない

あなたがしてくれなくても8 ハルノ晴  20/23

スポンサーリンク

一方その頃、新名は…

その頃、新名は自宅のマンションで一人スマホを片手にリビングのソファーに座っていた。すると扉が開いた。

「あれ?まだ起きてたんだ?」

あなたがしてくれなくても8 ハルノ晴  22/23

妻が帰って来たのだ。新名はスマホを置くと『おかえり』と静かに微笑んだ。

以下、感想と考察

スポンサーリンク

みちと新名がそのまま不倫に発展しなくて良かった

前の回でみちな新名に抱きしめられたところで終わったもんだから、今回いきなり事後、不倫コースに突入したら本当にどうしようと思ってたけど、二人とも常識人で良かったです。本当に。

まあ、そもそも抱きしめられた…といっても軽くだしね。フリーハグより浅い程度だし。

みちに愛情を伝えようとはした陽一

そして今回、陽一は結構頑張ってみちに気持ちを伝えた…というか伝えようとはした。三島さんの『何も言われなくなったら終わり』は真理だと思う。というかこの人、ちょいちょい怖い。過去に何があったの?

それはさておき、三島の言葉に肝を冷やしたから『ちゃんと愛情はある』とみちに伝えようとしたみち。でも結果は事態を収束させるどころか火に油。陽一がマズイことを言ったわけではない。単純にタイミングが悪かったのと、抱きしめたりしてやらなかったことだろう。

抱きしめるくらいしてやればいいのにね。

そして、初登場の新名の妻

そして、新名の妻が初登場。これまた、みちとも華とも全然違う、華やかでお洒落な大人の女性といった感じの人。果たして彼女はどのような人物で、何故新名と“レス”になってしまったのか…。なんか、『あれ、まだ起きてるんだ』という言葉が色々と物語っている気がするけどね。

次の記事はこちら
【漫画】あなたがしてくれなくても9話【感想・ネタバレ・考察】多忙な妻、楓に孤独を感じる新名…一方新名に避けられたことをみちは気に病み…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください