【漫画】夏目アラタの結婚 最新話・35話【感想・ネタバレ・考察】強い執着を見せるようになった真珠に戸惑うアラタ…さらに真珠は突然遺体の隠し場所を語り出し…

夏目アラタの結婚 4巻表紙

控訴審2回目が終わり、可憐な出で立ちで新証言を繰り出す真珠は徐々に世間からの同情を集め始めていた。 そんな中、久々に真珠の元へ面会に行ったアラタは何気ない思い出話から『止まった時間を動かす』という言葉を口にする。すると真…

続きを読む →

【漫画】夏目アラタの結婚 34話【感想・ネタバレ・考察】久々の面会…アラタが何気なく亡父の思い出を語ると”ある言葉”に真珠が動揺する

夏目アラタの結婚 4巻表紙

2回目の控訴審で真珠は実の父親である三島正吾こそが事件の真犯人であると語る。さらに真珠は自身が三島正吾から付き纏われ、金の無心や性的な虐待を受けたとも言う。不幸な境遇を語る可憐でか弱そうな真珠の様子に傍聴人達は一審の時と…

続きを読む →

【漫画】夏目アラタの結婚 33話【感想・ネタバレ・考察】藤田の意外な過去が明らかに…そして、アラタと宮前のスタンスの違いが明確になり…

夏目アラタの結婚 4巻表紙

控訴審2日目…真珠は事件前に実の父親である三島正吾につきまとわれ、金の無心や性的な虐待を受けたことを法廷で語った。そして、三島正吾こそが真珠と交際していた男性達を殺害した真犯人であると言うのであった。 傍聴人達は真珠の可…

続きを読む →

【漫画】夏目アラタの結婚 32話【感想・ネタバレ・考察】被害者達を殺害したのは父親だと主張する真珠…アラタは真珠が見せた余裕からあることを察する…

夏目アラタの結婚3巻表紙

控訴審2日目、女子高生の制服の様な格好で現れた真珠は、実の父親である三島正吾からストーカーされ、金の無心だけでなく体まで求められ、自殺を考えるほど精神的に追い詰められたと語る。傍聴人達は真珠にひどく同情し、刑務官の一人ま…

続きを読む →

【漫画】夏目アラタの結婚 31話【感想・ネタバレ・考察】真珠の本質を見抜き”怪物”と評する裁判官…一方、アラタは真珠が母親を庇っているのではないかと推理する

夏目アラタの結婚3巻表紙

控訴審2回目、女子高生の制服の様な格好で現れ傍聴人を驚かせた真珠は、そこでストーカー「X」…三島正吾のことについて語りだした。三島正吾が赤子の真珠と共に写っている写真を持ち歩いていた事などから彼が自身の父親であることを察…

続きを読む →

【漫画】夏目アラタの結婚 30話【感想・ネタバレ・考察】謎の「X」、三島正吾について語る真珠…一方アラタは真珠にいいように使われてしまい…

夏目アラタの結婚3巻表紙

控訴審2日目。真珠は女子高生の制服の様な格好で現れ傍聴人達を驚かせる。そして、依然面会を拒否されているアラタは複雑な気持ちで傍聴する。 そんな中、弁護人の宮前は『真珠にストーカーがいた』と主張し始める。そして、その事につ…

続きを読む →

【漫画】夏目アラタの結婚 29話【感想・ネタバレ・考察】ホームレス男性の証言、そしてついに真珠の口から謎の男「X」との関係が語られる…

夏目アラタの結婚3巻表紙

真珠の母親へのトラウマに触れてしまい面会を拒絶されるようになってしまったアラタ。更にそこに追い打ちをかけるように、アラタのプライバシーが週刊誌で暴かれてしまう。 そんな中で迎えた控訴審2回目。真珠は女子高生の制服の様な格…

続きを読む →

【漫画】夏目アラタの結婚 28話【感想・ネタバレ・考察】週刊誌にアラタの情報を売った意外な犯人…そして、2回目の公判にやって来た真珠の格好は…!?

夏目アラタの結婚3巻表紙

控訴審で真珠が結婚したことが明らかになり、世間は驚き関心を向ける。それと同時に真珠の過去を探っていたアラタであったが、真珠が母親との過去に強いトラウマを持っていることを探り当てると真珠から面会を拒否される様になってしまう…

続きを読む →

【漫画】妻が口をきいてくれません【考察・感想・ラスト・結末】妻への“ママ”呼びが全てを語っている?夫婦で“パパ”、”ママ”と呼び合うことの弊害を考える

出されたカレーにスプーンがなかったため、誠は『ママ、これ手で食べるタイプ?』と笑いながら言ってくる

※11/27に結末についての感想・考察を追記しました。 夫と口を利きたくなくなる時がある。それは腹が立ちすぎて喋りたくないというときもあれば、自分の感情を整理出来てないために話せないというときもある。また、「あ、こいつ何…

続きを読む →

【漫画】血の轍9巻・最新刊【感想・ネタバレ・考察】『僕はママを好きか?』全てを認め自首した静子…そして、静一はある記憶を取り戻し…

血の轍 9巻表紙

意識を取り戻したものの事件についての記憶を失っていたしげる。しかし、静子はそれを喜ぶどころかむしろ落胆した様子を見せ、まるで全てが露見し捕まることを望むかのような言動を繰り返し静一は困惑するばかりであった。 そんな中で伯…

続きを読む →