【漫画】あなたがしてくれなくても26話【感想・ネタバレ・考察】浮気がバレたのかと戦々恐々する陽一と、妻、楓との関係を見直そうとする新名

あなたがしてくれなくても3表紙

互いにパートナーとの”レス”に苦しんだ吉野みちと同僚の新名誠は『セックスはしない』という条件で付き合うようになっていた。みちは新名との逢瀬にときめきを覚えていたが、二人の関係を見抜いた後輩の華から『誰かを傷付けると自覚して覚悟を決めるべき』と言われ、新名との関係の不毛さに気付き、自分の進むべき道を考え始める。
一方、みちの夫の陽一はみちの態度の変化に気付くものの、それが以前、自身が勢いで会社の先輩である三島結衣花と関係を持ったことがバレたためなのではないかと思うようになっていた…。

前の記事はこちら
【漫画】あなたがしてくれなくても25話【感想・ネタバレ・考察】新名とみちの関係に気付いた華が放った言葉は…そして陽一はみちの態度の変化に、ある可能性を考え戦慄する…

スポンサーリンク

以下、あらすじとネタバレ

浮気がみちにバレたのではないかと怯える陽一と、陽一ともう一度向き合おうと決めるみち

陽一は社員旅行から帰ってきたみちを『ちょうど仕事が終わったところだから』と駅まで出迎えた。普段しない陽一の行動に驚きながら、みちは早速陽一に買って来たお土産を渡す。平静を装いながらそれを受け取る陽一は内心パニックを起こしていた。

お土産買ってきてくれたって事は怒ってないって事!?
つーかバレてない!?どっち!?どっちなの!?

あなたがしてくれなくても26 ハルノ晴 4-5/23

陽一はみちの一挙一動を見逃さない様に見詰め、みちの荷物を持って歩くのだった。

一方、みちはそんな陽一の態度に動揺していた。ここ数年、自分勝手な行動ばかりして、みちを思いやることが少なかった陽一。だが、最近陽一は昔の様な優しさや気遣いを見せるようになっていた。陽一のそんな変化に、みちは『昨日新名さんと一線を越えなくてよかった』と思う。

まだ自分の中に陽一を想う気持ちがあることを自覚したみちは、『このままじゃダメ』と自身に言い聞かせる。

新名さんの気持ちにちゃんと答えるつもりなら、もう一度 陽ちゃんよ向き合って答えを出さなきゃ…

あなたがしてくれなくても26 ハルノ晴 7/23

スポンサーリンク

一方、新名も妻の楓と向き合うことを決意していた

一方、社員旅行から帰宅しマンションに到着した新名。いつも通り楓はおらず、新名は暗い部屋でソファに持たれる。瞳を閉じて思い浮かぶのは渡した砂時計を無邪気に喜ぶみちの笑顔。その様子を思い出しただけで、自然と新名も笑顔になる。

吉野さんといるとどうしてこんなに満たされるんだろう…

あなたがしてくれなくても26 ハルノ晴 9/23

みちに対してかなり積極的な自身に驚いてすらいた。しかし、抱こうとした瞬間涙を流したみちを思い出し、『あのときやめてよかった』と思う。あのまま続けていたら、みちだけでなく、妻である楓と傷付けることになったからだ。

新名がそう物思いにふけっていると、そこに楓が帰ってきた。新名が明かりも点けずにボーっとしていたことに驚いたようだったが、特に理由を尋ねることもない。『今日は撮影があったから3時起きだった』と語り相変わらず忙しそうな楓。

新名はそんな楓を見て、決意する。

もうこれ以上逃げるわけにはいかない
吉野さんとの前に楓と向き合わなくちゃダメだ。例え修復不可能になったとしても……

あなたがしてくれなくても26 ハルノ晴 11/23

新名はまず楓に旅行のお土産を渡した。だが、楓は口では礼を言いながらもお土産の品を開封どころか見ようともせず、タブレットを眺めている。新名は楓のその態度にガッカリしながら、『話がある』と切り出す。やはり、振り返らずに『何?』と尋ねる楓。

「僕らって何で一緒にいるのかな?」

あなたがしてくれなくても26 ハルノ晴 13/23

その言葉に『え?』と顔を上げ新名を見つめた楓。新名は『やっとこっちを向いた』と寂しそうに笑うのであった。

夫婦である意味を問う新名に動揺する楓…新名の楓への愛情はすでに…

突然夫婦である意味を問い始めた夫、新名の言葉に驚く楓。すると楓の携帯が鳴り始める。『仕事の電話でしょ、取りなよ』と新名は冷淡に言うが、楓はさすがに電話を切り、『どうして急にそんな事を言うの?』と新名に尋ねた。

新名は楓に背を向けたまま『ずっと考え悩んできたことだ』と答える。そして、ずっと新名が楓の仕事への思いを理解し、協力し続けたこと、その一方で、楓が新名を思いやる様子が無かったことを語った。慌てて『誠がいるから仕事が出来ていることに感謝してる』と言う楓に『君の仕事のためにオレはいるの?』と今までの不満を吐き出す。

新名のそんな発言に『仕事の為だけに誠といると思ってるの?そんな訳ないじゃない』と縋る様に言う楓。すると新名は振り向き楓に問う。

「じゃあ何でずっとセックスを拒むの!?」

あなたがしてくれなくても26 ハルノ晴 18/23

虚を突かれた様な表情を浮かべた楓はたどたどしくも必死に『今は仕事でそれどころじゃないから』と答えた。だが、新名は『”それどころ”か』と吐き捨てる様に言い、続ける。

じゃあいつになったらいいの?1年後?2年後?編集長になってから?」
楓が納得するまでオレは一生待ってろって事?

あなたがしてくれなくても26 ハルノ晴 19-20/23

新名の言葉に答えられない楓。すると、再び楓の携帯が鳴り、新名は『取りなよ』と言ってリビングから去ろうとする。楓はそんな新名を呼び止め、『私の事嫌いになったの?もう好きじゃないの?』と尋ねる。

新名は振り返りもせずにこう答えるのであった。

「……わからない」

あなたがしてくれなくても26 ハルノ晴 22/23

スポンサーリンク

以下、感想と考察

妻、楓への愛情を失いつつある新名

みちが新名との関係を考えるにあたって陽一との関係を見直そうと考えるのと同様に、新名もまた、妻、楓との関係を見直そうとしていた。

ただ、決定的に違うのはみちが陽一に対してまだ想いが残っており、陽一の変化にほだされているのに対し、新名の方は楓への愛情がもうあまり無さそう。…ここまで来ると修復不能じゃないの?楓さんが仕事をセーブしたからと言ってどうにかなるもんじゃない気がする。冷めてるやん。

そんでもって、久々の新名の独白が来た。新名は結構本気でみちのことを想っている様。…散々、疑ってすみません。でも、ネガティブなところ(互いの寂しさを紛らわす)から始まった恋だから、なんかこう、その『みちを想う気持ち』が今ひとつ信用できないんだよなー…。

次の記事はこちら
【漫画】あなたがしてくれなくても27話【感想・ネタバレ・考察】三島を疑い問い質す陽一、夫婦関係を修復しようとして空回りする楓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください