【漫画】金魚妻~弁当妻のその後【感想・ネタバレ・考察】朔子との離婚に同意する代わりに保ケ辺が津多と朔子に要求したモノは…

金魚妻2巻表紙

会社の先輩に妻と寝て欲しいと頼まれ、要求通り先輩の妻と関係を持っていくという話の『弁当妻』。結果的に主人公、津多は先輩保ケ辺の妻、朔子と本当に惹かれ合い寝取る事となり、朔子は保ケ辺の元から去って津多の元に身を寄せてしまった…そんな『弁当妻』の”その後”の話。

前の記事はこちら
【漫画】金魚妻~弁当妻【感想・ネタバレ・考察】会社の先輩に妻と寝て欲しいと頼まれて…!?
【漫画】金魚妻~見舞妻①【感想・ネタバレ・考察】酒気帯び運転で息子の担任教師を撥ねてしまったギャルママは…

関連記事
【漫画 既刊6巻】金魚妻【総評・あらすじ・感想】ただの“不倫もの”、“エロ”ではない…男女の人生の悲喜を描く良作

スポンサーリンク

弁当妻その後のあらすじとネタバレ

真実を明かして保ケ辺に殴られた津多…その後、朔子は保ケ辺に離婚を同意してもらうが、ある条件を出された

会社員の津多は先輩社員の保ケ辺から『夫婦の営みがマンネリ化しレス状態に陥っている。うちの妻朔子と関係を持って刺激を与えてほしい』と頼まれた。戸惑ったものの、津多は『朔子さんが嫌でないのならば』と答え、朔子もまた『津多さんなら…』と言い、津多と朔子は保ケ辺の目の前で、一線は越えないものの、キスをしたり触れ合ったりする様になった。

だが、保ヶ辺にとっては軒先貸して母屋を取られる結果になってしまった。ある日津多の家に一人でやってきた朔子。そこで二人は一線を越えてしまい、その後朔子は『実家に帰る』と嘘を吐いて家出し、津多の元に身を寄せるようになってしまった。

当初、津多も朔子も互いにほとぼりが冷めたら別れるつもりでいた。しかし、

相手が悪すぎます

金魚妻 黒澤R 弁当妻 その後

子どもの様にサラサラなショートカットの黒髪。そして少女の様なうなじ。澄んだ大きな瞳とそれを縁取る長い睫毛。桃のような頬と美しい声。

すべてが津多の理想通りだった朔子。知れば知るほど離れられなくなってしまったのだ。

出会ってしまった事がいけなかったのだと思います

金魚妻 黒澤R 弁当妻 その後

その為、津多は意を決して保ヶ辺に真実を明かしたのだ。結果、津多は青アザが出来るほど強く顔を殴られた。

しかし、その後朔子と話し合いをした保ヶ辺は最終的に朔子との離婚に同意したという。朔子からそう聞いた津田は『殴られた甲斐があったかな』と言う。

だが、保ヶ辺は離婚に同意するにあたって、あることを要求し、争い事や喧嘩が苦手な朔子はそれを断れなかったのだ。

スポンサーリンク

保ヶ辺が津多と朔子に要求したもの…それは二人の行為を収めた動画であった

津多はベッドの前にビデオカメラと三脚を設置する。それは、保ヶ辺がわざわざ“このため”に購入したと言って渡してきたビデオカメラであった。

保ヶ辺さんが出した離婚の条件にしたがって
今から僕は朔子さんをめちゃくちゃにします

金魚妻 黒澤R 弁当妻 その後

保ヶ辺が出した離婚の条件…それは、朔子と津多の行為をビデオカメラに録画して渡すことであった。

保ヶ辺の要求を断れなかった朔子は『ごめんなさい…』と津多に謝る。だが、津多は『保ヶ辺さんとは嫌いになって別れたわけではないから仕方ない』と答える。津多も朔子を失う位なら何でもするつもりだったのだ。

津多と朔子は、ビデオカメラを回しながらベッドで絡み合って行く。津多に抱かれながら朔子はカメラに向かって『太郎さん(保ヶ辺)ごめんなさい』『津多さんとのセックスはあなたとは比べ物にならない位気持ちいいです』『私は今幸せです、さようなら』と告げるのであった。

幼かった頃、津多は友人の買っていた美しい金魚を『自分が手に入れられないから』という理由からイジメて死なせてしまったことがある。保ケ辺がそういうことをする人間ではないと信じてはいたが、津多と朔子はこのビデオカメラを渡すのを最後に、遠くに行くつもりであった。

そして、渡された動画を保ケ辺は部屋で一人涙を流しながら見つめるのであった。

保ケ辺の現在の心の癒し…それは行きつけの金魚店の可憐な妊婦、さくらであった…

会社の先輩である保ケ辺から妻の朔子を寝取った津多。しかし、それでも津多は保ケ辺が幸せになることを願っていた。

こんな事を僕が言える立場ではありませんが
今はつらく苦しい時でしょうが
次の出会いがきっと傷んだ心を癒してくれるでしょう

金魚妻 黒澤R 弁当妻 その後

かつて恋人を友人に奪われたこともある津多はそう思うのであった。

実際、朔子を失い傷付いた保ケ辺であったが、最近ある癒しを手に入れていた。

「いつもありがとうございます!」

金魚妻 黒澤R 弁当妻 その後

『金魚のとよだ』で保ケ辺に温かい笑みを浮かべる妊婦の従業員、さくら。鼻の下を伸ばした保ケ辺は『ここで買った金魚、元気だよ!次はらんちゅうに挑戦しようかな』と笑う。保ケ辺は今、さくら目当てで『金魚のとよだ』に通い詰めているのであった…。

スポンサーリンク

以下、感想と考察

ちゃんと保ケ辺と別れて津多と遠くに旅立つ朔子

タイトル通り『弁当妻』のその後の話であった今回の話。前回のまま終わっても十分いい感じであったが、今回の『その後』の話でよりキレイにオチがついたなという印象。しかし、離婚の条件として津多と朔子の行為中の動画を求めるのがなんとも保ケ辺らしい。

そして、保ケ辺にも救いがある終わり方で本当に良かった。保ケ辺さん、色んな意味で濃すぎるけど、悪い人ではないからな…。

スポンサーリンク

いつの間にか妊娠していたさくら

そして、ラストに妊婦となって『金魚のとよだ』で働くさくらの姿が。『金魚妻①』以降、さくらはどのような生活を送り、妊娠するに至ったのか…それは『金魚妻』シリーズの中で明らかになるのである。

次の記事はこちら
【漫画】金魚妻~頭痛妻【感想・ネタバレ・考察】ホームレス男性と密会を重ねるタワマン住まいのセレブ妻~しかし、そこに隠された真実は…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください