【漫画】夏目アラタの結婚 29話【感想・ネタバレ・考察】ホームレス男性の証言、そしてついに真珠の口から謎の男「X」との関係が語られる…

夏目アラタの結婚3巻表紙

真珠の母親へのトラウマに触れてしまい面会を拒絶されるようになってしまったアラタ。更にそこに追い打ちをかけるように、アラタのプライバシーが週刊誌で暴かれてしまう。

そんな中で迎えた控訴審2回目。真珠は女子高生の制服の様な格好で現れ傍聴人達を驚かせる。だが、アラタは一向にこちらを見ようとしない真珠の態度に苛立ち焦るのであった…。

前の記事はこちら
【漫画】夏目アラタの結婚 28話【感想・ネタバレ・考察】週刊誌にアラタの情報を売った意外な犯人…そして、2回目の公判にやって来た真珠の格好は…!?

関連記事はこちら
夏目アラタの結婚、登場人物・キャラクター最新まとめ~wikipediaより詳しく、ネタバレあり

スポンサーリンク

以下、あらすじとネタバレ

真珠のアパートに不法侵入をしていたホームレス稲葉の証言…3人目の被害者山下良介と言い争いになっていたという謎の男「X」が真珠のストーカーであったことを主張する宮前

法廷に証人として立った男性はサイズ違いのジャケット姿に禿げた頭とどこかくたびれた風情を漂わせていた。彼は『稲葉由之』と名乗り宣誓書を読み上げたそして、弁護士である宮前が『今回の事件の現場の近くにお住まいなんですね?』と尋ねると『近いと言ってもいわゆるホームレスであります、へへ』と笑い、事件の3年前から近くにあった真珠が住んでいたアパートの2階の空き部屋に度々侵入していたことを悪びれずに語る。

それを傍聴席で聞いていたアラタは『住居侵入罪にあたるのに裁判所で話して大丈夫なのか』と隣にいる藤田に尋ねた。すると藤田は『恐らく弁護士が家主と示談を済ませているのだろう』『家主に二、三十万包んだのではないか』と答える。

唖然とするアラタ。元々宮前は金の無い真珠のために自腹を切って弁護をしており、恐らくその金も宮前が用意している…そう考えたアラタは『自分よりも宮前の方がよっぽど旦那らしいことをしている』と思うのであった。

その後も宮前の質問に答える形で稲葉は当時のことについて語っていく。

『汚いアパートに細くて可愛い女の子がやってきたと思って見ていた。しかし、みるみる太っていくのでビックリした』…そう笑いながら真珠の事を語る稲葉。宮前が『本件の被害者3名が被告の元を出入りしていたことは知ってましたか?』と問うとこう答える。

「そりゃもちろん!」
「男女の仲良くしてる声がねえ~~エヘヘヘヘヘ」
「いやでも聞こえてくるもんねえ。」

夏目アラタの結婚29 乃木坂太郎 9/27

そう下卑た笑い声を上げる稲葉。すると、真珠は無表情で俯いてしまう。アラタは真珠が男に抱かれる様子を想像してしまいなんとも言えない気持ちになり、宮前もまた同じようで複雑な表情を浮かべるのであった。

気を取り直した宮前が『3人目の被害者の山下良介と何者かが争っているのを目撃しましたか?』と質問する。そして、争っていた様子を自分相手に再現させる。

すると、稲葉は山下役の宮前の胸倉を掴んで男が何と言っていたのかを再現して見せる。

「『俺の真珠を返せ!』って」
「『年の差を考えろ…!!』とか、『ブッ殺してやる…!!』」

夏目アラタの結婚29 乃木坂太郎 11/27

稲葉にそう証言させた宮前は『当時山下良介は37歳で、その男は被告と山下良介の年齢差を問題にしていた』と裁判官に主張する。

すると、ここで検察官が『つかみ合ってのいさかいは日常においても起こり得ることであり、殺人に結びつけるのは誘導尋問である』と異議を申し立てる。

だが、宮前は焦ることもなく微笑みすら浮かべてこう主張する。

「ここでは仮に「X」としましょう!」
「その「X」が被告に強い執着を持っていたとしただどうでしょう?」

夏目アラタの結婚29 乃木坂太郎 12/27

宮前はここで真珠が「X」からストーカー行為があったことを主張する。それに対して検察官が『被告にストーカーがいたという証拠もなく、被害届も出されていない』と主張するが、宮前は『被害届を出せない理由があった。それは本法廷でおいおい明らかにしていくつもりです』と言ってしめるのであった。

スポンサーリンク

宮前の主張に対して的確な反論をする検察官…アラタも検察官の言い分に納得してしまう

次は証人の稲葉に対して検察からの反対尋問が行われた。検察官は稲葉に『山下良介と「X」とのいさかいと同程度の争いを酒の席などで見たことはないか?』と尋ねる。稲葉が笑って『そりゃありますよ』と答えると『そのいさかいは殺人事件まで発展したか?』と更に問う。稲葉が『まさか、少し血が流れたら終わりますよ』と答えると検察官は『普通はそうですよね』と言う。

山下良介と「X」は争ったものの、その後は「X」の方が悪態を吐きながら帰って行ったと証言した稲葉。すると検察官は『そこで「X」の怒りは一度収まっており、争いも常識的な喧嘩の範疇であった』『「X」が3件の殺人を犯すほど強い殺意を持続していたとは考えられない』と主張する。さらに『そもそも犯行の手口は毒殺で、それは被告が盗み出したもの』『その上被告が死体を埋めて証拠隠滅までしている』と裁判官達に訴え出した。

正直、宮前より検察官の言い分の方に納得してしまうアラタ。人を殺す時があるとすればカッとなったその瞬間ではないか…そう思うのだ。

『合理的な説明が出来るのか』と言う検察官。裁判長も『どうですか弁護人』と問う。だが、宮前は焦ることもなく冷静に裁判長にこう答える。

「被告が、当時の事情を説明したいと申し出ています!」

夏目アラタの結婚29 乃木坂太郎 18/27

「X」との出会いを語る真珠…「X」を父親かもしれないと語る真珠はさらに衝撃的な発言をする

真珠の申し出は裁判長に認められ証言台に上がることになった。

だが、直前俯いていた真珠は一瞬凄まじい形相を見せ法廷の雰囲気が一変するのをアラタは感じる。ここが真珠の正念場…そう気付いたアラタ。

俺との駆け引きなんかに、余計な神経はさいてらんないってことか―――!!

夏目アラタの結婚29 乃木坂太郎 19/27

ところが、証言台に立った真珠はスカートの裾がめくれていて右の太ももが露わになっていた。裁判長が『スカートの裾!』と指摘すると真珠は『あ!』と声を上げて慌てて直す。真珠の追っかけたちは喜び傍聴席からは失笑の声が響いて来る。しかし、それが皆を騙すための真珠の周到なワナであることを理解しているアラタは真面目な顔でその様子を見守り続ける。

そこに宮前が『ストーカー被害に遭っていたのはいつからか』と尋ねると真珠は『看護学校に入学してしばらくしてから』と答えた。

実習先の病院に、――その男が熱中症で運ばれてきたんです。」

夏目アラタの結婚29 乃木坂太郎 22/27

実習生としてその男の看護をしていた真珠。すると、意識を取り戻した男…「X」は”品川真珠”と書かれた名札を見て、『君のお母さんの名前は”品川環”というのではないか?』と尋ねてきたのだと言う。「X」の言う通り真珠の母の名前は”環”であった。

しかし、真珠はその場は否定したという。何故ならその「X」は汚いホームレスで関わり合いになりたくないと思ったのだ。だが、「X」は『環の娘だろ、嘘つくな。そっくりだよ』としつこく食い下がり、真珠は”嫌な予感”がしたのだと語る。

「も、ももしかして…!!この人がお父さん…?って。」

夏目アラタの結婚29 乃木坂太郎 25/27

真珠の口から飛び出した”お父さん”という言葉に裁判長と検察官は目を見開き、傍聴席も騒然とする。そこにさらに真珠は衝撃的な事を言うのであった。

「もしそうだったら…私だってお金ないのに!!」
「…まとわりつかれたら私―――」
「殺すしかないかも…って!!」

夏目アラタの結婚29 乃木坂太郎 26/27

追い詰められた様子で真珠は証言台の上でそう叫ぶのであった…。

スポンサーリンク

以下、感想と考察

扉絵の高校生風の真珠、アラタ、宮前が微笑ましい。これだけ見るとまるで優等生のイケメン宮前と不良少年アラタとの間で美少女ヒロインの真珠が揺れ動く…みたいな学園ラブコメディみたいけど、本編はそんな甘さは欠片も無いという…。

証人のホームレスの名前は稲葉由之?白石文雄じゃなかったっけ…?

純粋な疑問なのだが22話では証人のホームレスの名前が白石文雄と言われていたはずだけど、今回の29話では稲葉由之という名前になっていた。

??この二人は別人?でも22話を見返すと宮前が浮かべたイメージに出てくるオッサンの姿は完全に稲葉のそれと一致している感じがするし…。何らかの事情で名前が変更になったか、ミスなのか。それとも別人なのか…どっちなんだろう。

まあ、本筋にそれほど関係は無いと思うけど。

スポンサーリンク

アラタに構っている暇がないほど本気で控訴審に挑む真珠…果たしてここで語られることの何割が真実なのか

そして、アラタは真珠が控訴審に本気で挑んでいることに気付く。アラタの事を拒絶するのも駆け引きではなく余裕がないだけだったのか…。

それにしても真珠の演技力の高さと言ったら…全身全霊で『生真面目で弱気、それでいて隙がある薄幸な少女』を演じている。スカートの裾がまくれていたのもきっとワザとだよね。

ここから真珠と「X」との関係が語られるわけだけど、かつて『真実なんて溶けてなくなる』と発言していた真珠だ。裁判だからといって正直に全てを語るなんてことは決してないはずだ。でも完全な嘘だけ…というのもないだろう。果たしてこれから話す事の何割が真実なのか…。

次の記事はこちら
【漫画】夏目アラタの結婚 最新話・30話【感想・ネタバレ・考察】謎の「X」、三島正吾について語る真珠…一方アラタは真珠にいいように使われてしまい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください