【漫画】あなたがしてくれなくても51話・最新話【感想・ネタバレ・考察】真実を追求することを躊躇う楓、考えるのをやめ何も無かったことにする陽一

あなたがしてくれなくても 7巻表紙

関連記事はこちら
あなたがしてくれなくても、登場人物・キャラクター最新まとめ~wikipediaより詳しく、ネタバレあり

スポンサーリンク

あんな普通の人に私はどこで負けているのか…夫、誠の浮気相手が吉野みちであると確信した楓は、悩み傷付く

会社のミーティングルームで一人片付けをする楓。しかし、頭の中は夫、新名誠の浮気のことで一杯であった。
以前、雨の日にずぶ濡れになって帰って来た誠は楓が問い質すと浮気をしていることを認めた。その時、楓は『これからのことは私に決めさせてほしい』と言うのがやっとで、本当はもっと聞きたいことが沢山あったのだ。『誰と、いつから?』『今も続いているの?』そして、何より

誠の心を奪った人はどんな人?

あなたがしてくれなくても51 ハルノ晴

と。

そして、昨夜の誠の態度から、浮気相手が”吉野”という女性だと気付いた楓。吉野は一昨日、楓が誠の携帯電話を届けに行った際、案内をしてくれ、その途中に突然倒れてしまった女性だった。しかし…

あの人…なの?
…ああ、どんな人だったっけ?

あなたがしてくれなくても51 ハルノ晴

目の前で倒れられた後、休憩室まで一緒に行き、他の社員(華)が来るまで付き添っていたにも関わらず、楓は吉野という女性の髪型や服装をなんとなく覚えているだけで、顔は全然思い出せなかった。

”本当に普通の人”…それが楓が吉野に抱いた印象だったのだ。

吉野さんが誠の浮気相手…?本当にそうなら私 あの人のどこに負けたの…?

あなたがしてくれなくても51 ハルノ晴

女性としての魅力に自信を持っていた楓はそう思い、さらに傷付くのであった。

すると、そこに同僚の川原がやって来て、明るく『新名!今日ごはん行こう!』と声を掛けて来た。

物憂げな表情で『うーん…』と迷う楓。すると、川原はそんな楓に小声で言う。

「何かあった?ゆっくり話さない…?」
「どこでもいつでも付き合うからさ!」

あなたがしてくれなくても51 ハルノ晴

川原の言葉にハッとする楓。北原は楓か悩んでいることに気付き声を掛けて来たのだ。

川原の優しさに楓は思わず涙を流してしまうのであった…。

みちの心が自分から離れている…?会社で一人悩む陽一は『何も考えたくない』と思い始める

一方その頃、陽一は一人会社の喫煙室で落ち込んでいた。

一昨日の夜、みちから“拒否”されてしまった陽一。そのショックと気まずさから昨日はみちを避け、連絡も無視した。しかし、流石に今日はそうするわけにはいかないだろうと悩む陽一。

そして、一昨日の夜、拒否された瞬間を思い返す。

いつの間にかみちを女性として見ることが出来なくなっていた陽一は、みちからどんなに求められても応じることが出来なかった。しかし、最近はみちをいとおしく感じることも増えてきて、一昨日の夜、ベッドで陽一は抱き寄せたのだ。しかし、陽一が下着の中に手を入れるとみちは悲鳴を上げて拒絶したのだ。

拒否られた…
…ってことは
みちの気持ちが俺から離れていってるってこと?

あなたがしてくれなくても51 ハルノ晴

いや、すでに離れているのではないか…陽一の頭の中でみちが誰か見知らぬ男と抱きしめ合っている様子が思い浮かぶ。そして、そのままみちは結婚指輪を外し、どこかに去っていってしまう…そんな光景を思い浮かべた陽一はゾッとし思わず頭を抱えてしまう。

そして、『これは考え始めるとヤバいやつだ』と気付き、ただこう思うのであった。

あぁ…もう
考えたくねえ…

あなたがしてくれなくても51 ハルノ晴

スポンサーリンク

逃げるなんて楓らしくない…誠の気持ちを知ることを恐れる楓は同僚の川原からそう言われて…

会社の外のベンチで川原に全てを打ち明けた楓。『誠君が?本当に?』と驚く川原に楓は離婚は考えていないという。しかし、『誠の気持ちが私に無いような気がして自信がない』『相手の人と今どうしているのか確かめたいけど知るのが怖い』と手で顔を覆い俯いてしまう。

「誠を繋ぎとめられなかったらどうしよう」

あなたがしてくれなくても51 ハルノ晴

弱気な楓に川原は『遊びよ。大丈夫、よくある話』と言って励まそうとする。だが、楓は自身も最初はそう思っていたが、そうではなさそうだと答える。

「本気かもしれない…」

あなたがしてくれなくても51 ハルノ晴

ただの遊び、性欲の発散…そう思いたかった楓だが、誠はそれを否定し『俺が一方的に相手の女性に精神的な支えを求めてしまった』と言ったのだ。そのことに楓は未だに立ち直れていないのだ。

しかし、そんな楓に川原は『じゃあこのままでいいの?』と尋ねる。ハッとして顔を上げた楓。そして、川原は叱る様に『しっかりしな!』『今のままでいいわけないでしょ』と言う。

「ちゃんと確かめないと本気かどうかわかんないじゃん」
「逃げるなんて楓らしくないよ!」

あなたがしてくれなくても51 ハルノ晴

楓の目を見つめながらそう励ます川原。楓は目を腫らしながら川原の言葉をしっかりと受け止めるのであった…。

何もなかったことにすることを決めた陽一…みちはそんな陽一の態度に拍子抜けするも、ホッとする

夜、先に帰宅したみちは落ち着かない気持ちで陽一を待っていた。一昨日の夜の一件以降、みちの連絡を無視していた陽一が『今から帰る』とメッセージを送って来たのだ。

返事が来たことにホッとする半面、陽一が帰って来たらどんな風に接すればよいのか分からず不安になるみち。改めて謝るべきか否か迷っていると、陽一が帰ってきた。

緊張しながら『おかえり』と言うみちに、陽一は淡々と『お腹すいた』と答える。陽一との和解の仕方に悩むあまり、夕飯のことをすっかり忘れてしまっていたみち。慌てて謝ると陽一は『じゃあピザ取ろうぜ』と提案し、すぐにピザの種類やサイズを決めていく。

みちはそんな陽一の様子に拍子抜けする。てっきりもっと気まずい雰囲気になると思っていたのだ。陽一の態度はあまりにもいつも通り過ぎて、まるで一昨日の夜のことなどなかったかのようだった。

そして、みちは気付く。

…もしかして
陽ちゃん なかったことにしてる…?

あなたがしてくれなくても51 ハルノ晴

面倒事から逃げるのが上手い陽一。そんな陽一の態度に何度となくいらだっていたみちだったが、逆に何も追及してこず何事もなかったかのように接して来る陽一に今回ばかりは正直ホッとしていた。

そして、こう思うのであった。

ああ…本当に全部
なかったことにならないかな…

あなたがしてくれなくても51 ハルノ晴
血の轍10巻表紙

スポンサーリンク

以下、感想と考察

みちの顔を覚えていない楓

楓、みちと会ったのは確かに一回だけだけど、目の前で突然倒れられた挙げ句、医務室みたいなところまで付き添って、ずっと心配そうに見つめていたのに、全く顔を覚えていなかったのか…ビックリ。

みち、結構お洒落頑張ってたのに、楓からすると”普通の人”なのか。まあ、楓は仕事一筋であ元々他人への関心がなさそうだから、仕方がないのかもしれない。かくいう私も人の容姿全然覚えられないしな…。

スポンサーリンク

不倫され離婚した経験のある川原からの励ましを受けた楓はどう行動する?

新名の浮気で大ダメージを受け自信を喪失してしまっている楓。プライドが高い楓のことだから相手が“普通の人”であるみちだと知って、もう少し怒りを抱くのかと思ったけど、ひたすら落ち込む方向に行くのだな…。真実を追及することすら出来ずにいた。

でも、そんな楓に『このままで良いわけがない』『逃げるなんて楓らしくない』と同僚の川原さんが叱咤する。川原さん自身、不倫されて離婚した人だから、この言葉は重いよな…。

川原さんに励まされたことで、楓は新名にみちとのことをとことん追及する決意を固めるのだろうか…。

都合の悪いことは無かったことにする陽一とホッとしてしまうみち…実はこの二人の方がヤバイ?

ここ最近、みちの心が自分から離れてしまっているのではないかと心配していた陽一。みちが浮気している可能性が頭によぎる度に『そんなわけがない』と否定してたけど、“拒否事件”によって、その不安が現実味を帯びてしまった。

不安で仕方がない陽一が取った作戦は“何もなかったことにする”というもの。…面倒事からすぐ逃げる陽一らしい選択だけど、楓の件で頭いっぱいのみちは陽一のそんな態度にホッとするのであった…。

…ああ、もう、この二人ヤバイな。もう夫婦として破綻しているのではないだろうか。

陽一の愛情を求めてもがき苦しんでいたみちだったけど、一度“レス問題”に区切りをつけたタイミングで仕事や勉強やお洒落の楽しさに目覚めた。そして、同時に陽一への関心を急激に失ってしまった。別に陽一に対して冷淡になった訳ではない。でも、今のみちの陽一への優しさは、みちの元からの親切さから来ているものであって、以前のような愛情ではない気がする。陽一と一緒にいることなんかより人生には楽しいことが沢山あるということに気付いてしまったんだろうな…。

そして、陽一も色々あって、みちに対して異性としての愛情を取り戻しかけたけど、みちの心が自分から離れてしまっているという事実に耐えられなくて、何も見ない、考えないことにしてしまった。…何だか振り出しに戻ってしまった感じがする。少しはみちの愛情を取り戻すために行動に出ればいいのに。そういうことが出来ないのが陽一なんだろうけど。

陽一への愛情がなくなっていることを自覚せず、ただ惰性で一緒にいるだけのみち。そして、みちの愛情がなくなったことに気付きながらも気付かないふりをしている陽一。全くもってお互いに向き合っていない。

これだったら、離婚の可能性を視野に入れつつ、けじめをつけるために転職活動をしている誠と浮気を追求すべきか否か迷っている楓の方が夫婦として向き合っている気がする。

一体どうなるのか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください