【漫画】夏目アラタの結婚10話【感想・ネタバレ・考察】文通の相手が卓斗だと気付いていた真珠…そして桃にも真珠の魔の手が…

夏目アラタの結婚1巻表紙

真珠の犯行の動機を知りたいと思ったアラタは真珠に直接、最初の被害者である周防英介との関係をしつこく尋ねた。すると、真珠は渋々『周防英介とは体の関係があった、初体験だった』と答え、アラタが冗談めかして『子供がいたりして…』と言うと、『そんなもん生むわけないだろ』と激昂して唾を吐きかけた。

真珠の意外な反応に驚きながらもアラタは『真珠のことを知りたい』と質問を続け、何故真珠がアラタに興味を持つのかを追及した。すると、真珠は『手紙の子供みたいな字に心を打たれた』と答え…。

前の記事はこちら
【漫画】夏目アラタの結婚9話【感想・ネタバレ・考察】 真珠に周防英介との関係を問い詰めるアラタ…すると真珠は怒りだし…

関連記事はこちら
夏目アラタの結婚、登場人物・キャラクター最新まとめ~wikipediaより詳しく、ネタバレあり

スポンサーリンク

以下、あらすじとネタバレ

手紙の主が山下卓斗であることを見抜いていた真珠…動揺するアラタに真珠は『婚姻届けを持ってこい』と恫喝する

作家やジャーナリスト等、殺人鬼”品川ピエロ”として沢山の手紙を受け取ってきた真珠。しかし、『会いたいと思ったのはアラタだけだった』『ボクを分かってくれるかもと思った』…そう真珠は切実な表情で訴えた。

真珠の縋るような眼差しに一瞬戸惑うアラタだったが、『あんな手紙でどうしてそこまで思えるんだ?』と問い質した。すると、真珠は言う。

「…でも、」
「来たのは、手紙を書いた人じゃなかった。」

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎  5-6/27

真珠のその言葉に絶句するアラタ。真珠は『あの中学生みたいな字は本当の中学生の字だ』と言い、こう続ける。

「3人目の男に、…確か中学生くらいの息子がいた。」

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎 7/27

真珠がアラタを手紙の主ではないと見抜いている…それはアラタも薄々感じてはいた。しかし、ハッキリそれを言われたことに驚き、そして、更に手紙の主が卓斗であることまで見抜かれていたという事実に、アラタは動揺を隠せず何も言えなくなってしまう。そんなアラタに真珠は『図星?』とニヤニヤ笑い出す。そして、アラタが『いや…』と言葉を濁すと豹変してアクリル板に張り付いてこう恫喝する。

「違うっていうんなら、さっさと婚姻届け持ってこいよ!!」
「お前の字で代筆なしのサインを入れて!」

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎  8/27

唖然として固まってしまうアラタ。すると、真珠は叫ぶのをやめてアクリル板に口づけをして、アラタに必死に作った笑顔を向けてこう告げるのであった。

「好きだよアラタ。」
「――もう絶対に離れないから!!」

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎 9/27

そうして面会の時間が終わるのであった…。

スポンサーリンク

アラタから相談された桃山は真珠が赤ん坊について強い恐怖を抱いている可能性を指摘する

児童相談所で働いていた桃山の元に他の職員が桃山宛の手紙を渡しに来た。親達からお礼の手紙を受け取ることも少なくない桃山であったが、その手紙の差出人名を見て顔色を変えるのであった…。

そして、桃山が会議室に向かうと、真珠との面会から戻って来たアラタが一人で横になっていた。『寝てるんじゃない』と叱る桃山にアラタは『考え事っス』と言って卓斗の手書きのレポートを見せる。

『卓斗のこの字に心が震える要素があるのか…』そう頭を抱えるアラタ。卓斗は恐ろしく悪筆で『ハンドル』が『インド人』に読めてしまう程でとても『書』としての魅力があるようには思えないのだ。

そしてアラタは今日の面会の様子を伝え、『子供、赤ん坊が真珠の弱点なのではないか』と語った。『子供』『赤ん坊』と言ったとたん真珠は怒りだしたが、その後の真珠は本音で話していた…そうアラタは感じていたのだ。

しかし、『突破口見つけたね』と喜ぶ桃山に対してアラタは『でもそこをイジルるのはやめようと思ってる』と言う。そして、『やっと見つけた弱点なのにどうして?』と驚く桃山に説明する。

真珠は母子家庭で虐待されて育っている。そして、児童相談所では似たような女の子が沢山いて『母親みたいになりたくないから結婚も出産もしたくない』という子も多いのだ。そんな子供達の心の傷が容易に癒えることはないと分かっているアラタは、真珠が18歳を過ぎた殺人鬼であるとしてもそれが心の傷をえぐっていい理由にはならないと考えているのだ。

「悪いけど俺、これでも児相の「魂」入ってるんでェ…!!」

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎  15/27

そうハッキリ言いきったアラタ。

そんなアラタに桃山は驚くが『あたしは違う意見を持ってる』と言って別の見解を述べる。アラタは真珠が『子供・赤ん坊』というワードに反応したのは毒親へのコンプレックスであると考えているようだが、桃山は『それにしては反応が激しすぎる』と指摘する。

「私がそこに感じるのは、」
「赤ん坊に対する、品川ピエロの強い恐怖…!!」

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎  16-17/27

桃山は真珠が『堕胎や望まない妊娠』でトラウマを抱いていると推理しているのだ。桃山の見解に驚き戸惑うアラタ。しかし、『だとしても事件と直接関係ないし、そこを攻めるつもりはない』と言う。

そして、桃山から『じゃあどうするの?』と尋ねられると、困ったように答える。

「マジで俺、あいつと結婚することになんのかなあ…!!」

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎  19/27

真珠はアラタの正体を知ってもなお、別れようとはしないのだ。そんな風にどこか観念した様子のアラタに桃山は浮かない顔で『知らないよ』と呟くのであった…。

桃山の元に届いた手紙…その差出人はなんと、品川真珠であった…

だが、桃山が浮かない顔をしているのは何もアラタの言動だけが原因ではなかった。夜、帰宅した桃山は自室の机で昼間職場で受け取った封筒を黙って見つめていた。

――あたしが、最初にアラタをたきつけなきゃ…

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎  20/27

卓斗がアラタに真珠との面会を依頼した時に、応援したことを心底後悔している桃山。桃山に届いた封筒…その差出人は何と小菅の拘置所にいる品川真珠だったのだ。

『桃山香様』と書かれたそれを見て『どうやってあたしのフルネームを知ったの?』とゾッとする桃山だったが、意を決して手紙を読み始めるのであった。

桃山様
突然 手紙を送り付けた無礼をまずおわびします。

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎  22/27

非情に丁寧な書き出しのその手紙で真珠は『夏目さんと婚約した品川真珠というものです』と自己紹介したうえで、桃山に手紙を出した理由について『夏目さんには告白しがたい過去を彼と親しい女性について相談したい』と語る。

―それは、「赤ちゃん」についての過去です。

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎  23/27

アラタの話から真珠が『赤ん坊』に何らかのトラウマを持っていると推測している桃山はその文章に固唾を飲む。しかし、真珠は『ここで全てを書くと桃山様に一方的に負担をかけることになる』と内容については語らず、『殺人の嫌疑をかけられた私からこの様な手紙をもらったことで既に不快に感じられていると思いますが…』と桃山を気遣うような姿勢さえ見せる。

万に一つ、桃山様が私の相談にのってくださるなら…とても嬉しいです。
拘置所あてに、返信頂けたらと思います。

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎  24/27

追伸で『夏目さんが「桃ちゃんがタイプ」と言っていて少し妬けます』と茶目っ気も感じさせる真珠の手紙に桃山はどうするべきか非常に苦悩するのであった…。

そして、数日後…拘置所にいる真珠の元に一通の手紙が届いた。

「きた。」

夏目アラタの結婚10 乃木坂太郎  26/27

そう言って不敵に笑う真珠。手紙の差出人には『桃山香』と書かれているのであった…。

スポンサーリンク

以下、感想と考察

全てを見抜いていた真珠

アラタが文通の相手ではないことはおろか、文通の相手が山下卓斗であることも見抜いていた真珠…恐ろしい。卓斗の『ガキ臭さ』に何か惹かれていた様だ。しかし、同時に初対面で告白してきたアラタが文通相手ではないと分かりながら『アラタはガキ臭い』と気に入っている様。『ガキ臭さ』が真珠の中で何か重要な意味を持つのだろうな。

あと、関係無いけど『ハンドル』が『インド人』に読めるって、かの有名なゲーメストの誤植ネタだよね…。

スポンサーリンク

真珠のトラウマを見抜いた桃山と桃山に接近してきた真珠

そして、アラタの話から真珠が子供や赤ん坊に対して何か強いトラウマ…望まぬ妊娠や堕胎経験がある可能性を推理する桃ちゃん。この人も結構鋭いよね。具体的な職種について言及されることはないけど、アラタより児童相談所勤務が長いような言動を取ってるし、児童心理司とかなのかな?

だが、そんな桃ちゃんにも真珠の魔の手が忍び寄る。丁寧でかつ心を掴むのが上手い真珠の手紙が非常に恐ろしい…。なんか、そういうところがすごいゲイシーっぽい…。そして、桃ちゃんもまた、恐怖を覚え戸惑いながらも、人の良さと好奇心からか手紙を返してしまう…真珠の思うつぼだぁ…。アラタの母親の名前を知りたがったりと、何と言うか外堀を埋めてきている感じがまた…。
果たしてどうなるのか…。

次の記事はこちら
【漫画】夏目アラタの結婚 最新話・11話【感想・ネタバレ・考察】桃山を面会に誘い出した真珠。その恐るべき目的は…

関連記事はこちら
夏目アラタの結婚、登場人物・キャラクター最新まとめ~wikipediaより詳しく、ネタバレあり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください