【漫画】夏目アラタの結婚 25話【感想・ネタバレ・考察】再び真珠と面会し、一審黙秘の理由を探る桃山…駆け引き抜きで正直に語る桃山に真珠は…!?

夏目アラタの結婚2巻表紙

前の記事はこちら
【漫画】夏目アラタの結婚 24話【感想・ネタバレ・考察】真犯人は父親!?真珠が育った施設を訪れたアラタは真珠の過去に触れて…

関連記事はこちら
夏目アラタの結婚、登場人物・キャラクター最新まとめ~wikipediaより詳しく、ネタバレあり

スポンサーリンク

以下、あらすじとネタバレ

アラタがいない隙に真珠の面会に向かった桃山…前回の真珠の態度を“試し行為”と考えており…

その日、児童相談所で働いていたアラタは自身が担当をしていた虐待報告のあった家庭が○×区に引っ越すことになったことから○×区の児童相談所に引き継ぎに行くと所長に報告する。

それを聞いた桃山が『私が行くつもりだった』と言うと、アラタは『ゆっくりしてて』と答える。ここ最近、真珠関係のことで仕事を抜けることが多かったアラタ。いつも桃山にフォローをしてもらっていたので、たまにはお返しをしたいと言う。しかし、アラタの目的はもう一つあった。

「それに○×区は昔真珠が保護されたトコなんだわ。担当者が残ってたらついでに話を聞こうと思ってさ。」

夏目アラタの結婚25 乃木坂太郎 5/27

そうこっそり桃山に告げ、アラタは○×区に向かうのであった。

しかし、アラタが去るのを確認した桃山もまた、『今ならアラタと鉢合わせする心配がない』と仕事を抜け、真珠の面会に向かうのであった。

拘置所のロビーで宮前と待ち合わせた桃山。今回の面会の目的は、真珠が一審で黙秘し続けたのは真犯人である父親…または真犯人を父親であると思い込み、庇って罪を被るためだったのかを聞き出すことだ。

自分がいると真珠は何も語らないだろうからロビーで待っていると言う宮前。『もし前回の様に真珠さんが感情的になって、不快な思いをしたら面会を打ち切っても構いません』と言う。しかし、桃山は宮前に笑ってこう尋ねた。

「宮前先生、試し行動ってご存知ですか?」

夏目アラタの結婚25 乃木坂太郎 7/27

被虐待児は相手を信用できるか否かを見極めるためにわざと暴れたりイタズラしたりとネガティブな行動を取る…前回の真珠の桃山への態度はまさにそれだった…そう桃山は考えているのだ。そして、今でも桃山は真珠と文通をしており、手紙上で真珠は少しずつ心を開いて来ている。もし、仮にまた真珠が噛みついてきたとしても、それはそれで私を受け入れようとしている証…桃山はそう前向きに捉えて真珠との面会に向かうのであった。

スポンサーリンク

笑顔で明るく桃山を迎える真珠。二人はたわいのない話で盛り上がる

しかし、面会室で久しぶりに桃山と会った真珠は予想外にご機嫌で明るかった。『本当にまた来てくれるだなんて!』『ボク、アラタと結婚したんだ!』『手紙みたいに“パール”って呼んで!』とはしゃぐ真珠。桃山が『パール、結婚おめでとう』と言うと『ありがとう、桃ちゃん』と嬉しそうな笑顔を浮かべた。

その自然な表情を見た桃山は『やっぱり真珠は本当は素直な良い子だ』と実感する。

そんな桃山に真珠は近況を尋ねる。桃山は相変わらず出会いがないことを話し、つい最近起きたことを話す。それは友人の弟の結婚相手についてだった。桃山の友人の弟は官庁に勤めるエリートだったが、相手の女性はレジ打ちのフリーターで、友人の家に挨拶に来た際、手土産に持ってきたのはひよこまんじゅうだったという。友人はそのことについて桃山にLINEで『それはないでしょう』と愚痴り、桃山も『ありえない、駅で買ってきたのかよ!』と同調したという。

しかし、今になって桃山は反省しているのだ。会ったこともない、友人の弟の結婚相手の女性。手土産のひよこまんじゅうも彼女なりに必死に考えて選んだのかもしれない。それに、もしかしたら彼女はひよこまんじゅうが名産の福岡出身だったのかもしれない…。

「―気持ちが、大事なのにね…」

夏目アラタの結婚25 乃木坂太郎 12/27

そう懺悔する桃山。黙って話を聞いていた真珠は『桃ちゃんのそういうとこ好き』と小さく笑うのであった。

桃山が“父親”に触れると真珠は豹変する…駆引きを諦めた桃山は一審の黙秘の理由を真正面から尋ねる

そして、真珠は『もし、結婚式を挙げたらアラタ側ではなくボク側の友人席に座ってほしい。お母さんも死んでて呼べる友達も一人もいないからさ』と言い出す。

それを聞いた桃山はチャンスだと思い、こう切り出してみる。

「…お父さんは、呼ばないのかナー?」

夏目アラタの結婚25 乃木坂太郎 13/27

しかし、桃山がそう言った瞬間、真珠の顔から笑みが一瞬で消え、凍り付く様な冷たい一瞥を桃山に向ける。『ヤバい』と感じた桃山は『もしお父さんが生きてたら娘の晴れ姿を見たいと思って…』と言って誤魔化そうとするが、真珠は睨みつけながら『何か探りに来た?』と尋ねる。

先ほどから一転して凍り付いた空気、そして真珠の異様な威圧感に桃山は呼吸が苦しくなる。『自分にはアラタの様な駆け引きはムリ』…そう悟った桃山は正直に全てを語ることを選んだ。

「………み宮前先生が…」
「パールが早く起訴されたがった理由…わかった…って。」
「パールにウソはつけない…!!」

夏目アラタの結婚25 乃木坂太郎 15-17/27

そして、桃山は『宮前先生は事件の真犯人は真珠の父親、あるいは真珠が父親だと思い込んだ人物。その人物を庇うために真珠が罪を被ったと考えている』、『依頼人が隠し事をするなんて弁護人が辞任してもおかしくない状況だけど宮前先生は必死に頑張っている』、『だから全部話して』と状況を全て話した上で真珠を説得しようとする。

それを聞いた真珠は何か考え込む様に手で顔を覆って俯いてしまい、同席していた刑務官(いつもの井手刑務官とは別の人)が『尋問するなら面会終了にしますよ』と注意する。

しかし、俯いた真珠は白目を剥き、不気味な表情を浮かべているのであった…。

スポンサーリンク

桃山に彼女の父親の話をせがんだ真珠は、泣きながら父親を庇うために罪を背負ったと語るが…

そして、顔を上げた真珠は、どこか物悲しそうな表情で目に涙を浮かべながらこう尋ねた。

「……桃ちゃんの、お父さんはどんな人?」

夏目アラタの結婚25 乃木坂太郎 20/27

その問に桃山は『太っちょの冴えないサラリーマン』と答える。その上、桃山の父は何故かいつも風呂上りにパンツのゴムがめくれているため、桃山の母は彼を”メクレ警部”と呼んでおり、また太っていることから”エージェント029(おにく)”等あだ名をつけているのだ。そして、父はクリスマスや誕生日といったイベントが大好きで今でも家族にケーキを買うのが好きな陽気なおじさんだと言う。

それを聞いた真珠は『そんなお父さんが良かった』と涙を流し始める。

そして、真珠の父は真珠に『お母さんそっくりで可愛い』と言うものの『誰にも渡さない』等不気味な言動をし、真珠は気持ち悪くなって逃げたと言う。

「あんなこと……するなんて!!三人も…!!」
「桃ちゃんならどうした?お父さん見捨てられた?」

夏目アラタの結婚25 乃木坂太郎 21-22/27

怯えた様に自身の身体を抱きしめながら、すがる様に桃山に尋ねる真珠。絶句してしまう桃山に『ボクはお父さんを見捨てることが出来なかった』と言い、『お父さんはケリをつけるから時間をくれと言って消えたけど、多分もうどこかで死んでいる』と語る。そして、

「――2年、2年がんばったからもういいよね?
――お父さん!」
「少しは…役に、立ったかな……ボク。」

夏目アラタの結婚25 乃木坂太郎 23/27

そう言いながらボロボロと泣き続けるのであった…。

…その後、拘置所を後にする桃山と宮前。桃山から事情を聞いた宮前は神妙な面持ちではあるものの、『やはりそれが”真相”でしたか』と満足している様だった。

しかし、桃山は複雑な感情を抱いていた。後ろ髪を引かれる様に拘置所を振り返った桃山は心の中で真珠に語り掛けるのであった。

―ねえ、私は君にウソはつかなかったよ……
……パールは
――――――どう?

夏目アラタの結婚25 乃木坂太郎 24-25/27

一方、その頃〇×区の児童相談所でアラタは真珠の担当をしていた須藤という男性職員と会うことが叶った。

アラタは須藤に『僕の担当している子の父親が事件の被害者でして』と正直に打ち明ける。しかし、アラタは『品川真珠本人のことを聞きたいわけではないんです』と須藤に行った。

「――母親!真珠の母親がどんな女だったか……教えて下さい!」

夏目アラタの結婚25 乃木坂太郎 26/27

以下、感想と考察

扉絵のヤンキーカップル風のアラタと真珠が素敵。しかし、本当に真珠細いな。

スポンサーリンク

あまりに出来過ぎた父親の話…桃ちゃんも違和感を持っているものの…

前半は和やかな雰囲気だった真珠と桃ちゃんの面会。ひよこまんじゅうの件は桃ちゃんの人柄が出ていて、ますます桃山のことが好きになった…けど、お父さんは呼ばないのかと尋ねた時の桃ちゃんの表情…不自然過ぎる…。割と優秀な人だと思うけど、駆け引きは確かに向いていないのだろうな…。

そして、表情と言えば、今回の話も真珠の表情が…前半の可愛らしい感じと後半の落差が凄い。いきなり父親の話を振られて怒ってるときの表情も怖いけど、あの俯いているときに白目を剥いて顔を歪ませる様子は本当に不気味。たぶん、そこでその場に最も適切な表情を吟味しているのだろうな。まさに、道化師、ピエロだ。

桃ちゃんも薄々勘付いているけど、後半の『父親を庇っていた』という告白は嘘だろう。いくらなんでも出来過ぎたストーリーだ。

桃ちゃんから『宮前が真珠は父親を庇って罪を被ろうとしていたと考えている』と聞いたときに真珠は少し悩んでいたように見える。多分、その宮前の”推理”に乗るべきか否か迷ったんだろうな。

とはいえ、無罪に持っていくにはこの線でいくのが一番手っ取り早いし、桃ちゃんとしてもあんな告白のされ方をしたら今更ひっくり返せないだろうし…モヤモヤするけど、ひっくり返せるとしたらアラタしかいないんだろうな。

母親について知ろうとするアラタ…果たして

一方、アラタは真珠自身を攻めるのではなく、母親を知ろうとしていた。

まあ、真珠は現時点これ以上何も語らないだろうし、人とほぼ交流のなかった彼女を探っても新しい話は何も出てこないだろうし、今アラタに出来るのはこれ位だろうしな…。

果たして、須藤は何を語るのか…先が気になる。

次の記事はこちら
【漫画】夏目アラタの結婚 26話【感想・ネタバレ・考察】真珠の母について探るアラタ…しかし、予想と異なる真珠の母の話を聞いて困惑し…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください